一人カラオケでは練習ができるメリットがあります。
「うまく歌える自信が無くて恥ずかしい・・・」と思って一人カラオケに挑戦する人もいると思います。
そこで、カラオケの上達するコツをお教えします! お力になれれば幸いです。


今回は「オク下」についてです!男性向けの話になりますね。
「オク下」というのは「1オクターブ下」という意味です。
オクターブって言葉をきいたこともある人は結構いると思います。学校の音楽の授業なんかでも出てきたりしますね。
1オクターブというのはド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シの音階と思ってください。

 

 

 

 

「オク下で歌う」というのは「1オクターブ下の音階で歌う」ということです。
高いミの音を1オクターブ下のミの音で歌うことですね。
これは男性が音の高い曲や、女性の曲を無理なく歌おうとすると、だいたい起きます。
女性にはあまり縁の無い話かもしれませんね。

 

 

 

 

この「オク下」なのですが・・・たまに自覚していない人がいるようです(・_・)

 

「ストレス発散!」って感じがしない。
歌手が必死に歌っているのが理解できない
なんだか余裕がある
地声で歌ってます
でも採点は高得点!

 

 

そういう方はオク下かも知れません・・・。

 

 

 

徹底的に採点の高得点を目指す! というならこれはこれでアリです。一人なので自由です。

 

 

 

ですが、思い切り歌ってストレス発散したい!ってかたはオク下では思いっきり歌うのが難しく、すっきりしないと思います。

 

 

 

どうやって出すの?
と聞かれて言葉で説明はちょっと難しいです。

 

 

 

わたしが考えたのはこれです。参考にならないかもしれませんが・・・
「キャーッ!」と女の子みたいに絶叫してみましょう(近所迷惑にならない程度に!)
なんだかいつもと違う、高い声が出ませんでしたか?

 

 

では、その声を出したまま、音を下げてみましょう。

 

 

その声で歌ってみましょう!

 

 

 

はじめは難しいと思いますが、なれてくると徐々に歌えるようになります。
フルパワーで歌える感じがすると思います。

コレができるようになると歌うことがより楽しくなるでしょう!

 

 

 

ちなみに「裏声」とはまた違います。
裏声も高い音が出ますが、力強さのない声です。
思い切り」には向いてません。
うまく」歌いたいときには便利な声なので、練習しておくのもいいと思います。

 

 

 

また、カラオケ入店後一曲目から原曲キーで歌うのはちょっとつらいです。
オク下でいいので、発声になれてから原曲キーで歌っていくとうまく歌いやすくなりますよ♪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする


四 × 九 =

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

花とんぼ

Author:花とんぼ 会社員3年目。歌ってストレスを発散する系男子です。 アニソン大好き。ボカロもかじったレベルで好き。 学生時代、だいぶ友達と選曲がずれてました(笑)

カウンター

  • 2013年10月15日開始日:
  • 99今日の閲覧数:
  • 3621月別閲覧数:
  • 302122総閲覧数:

おすすめ

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいですか?

OKでしたらチェックを入れて送信を押してください。