こんにちは、今回は「低音を鍛えられるか」というテーマです。
高音にくらべてあまり注目はされない低音。

高音は鍛えれば伸びますが、果たして低音はどうなのでしょう・・・?

 

 

結論から言うと、低音の音域を広げるのは困難です。

 

 

 

高音は努力、低音は才能とまで言われるくらいです。
それは、人間の喉は「音を高くする」ための筋肉はあっても「音を低くする」ための筋肉がないからです・・・。
音を高くする筋肉は鍛えれば高い音が出るようになりますが、音を低くする筋肉はないので鍛えようがない(=低音は伸ばせない)のです。
(低音はこの「音を高くする」筋肉の力を抜いて出しているに過ぎません)

 

 

ですが、声の出し方が悪かった場合、限界まで低音を出せていない場合があります。
そこで、低音を最大限に出せるポイントを上げておきます。

 

 

◎脱力・リラックスすること

 

◎腹式呼吸
→これで低音が響きやすくなります。また、口を大きめに開くと腹式呼吸しやすくなると思います。

 

 

◎胸部に響かせること
→難しいこと言ってるなぁ(汗)と思ったかもしれませんね。具体的には『胸部が振動するように発声する』です。
よく「高音は頭のてっぺんを意識して」って言われることがあります。それと同じ要領で、胸、お腹を意識して発声してみると、低音がきちんと出るようになると思います。

 

 

ここに気をつけると限界まで出せるようになると思います。

 

 

低音がうまく出せるようになれば、表現力のアップにもつながります。
正しい出し方をマスターしましょう♪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする


一 + = 六

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

花とんぼ

Author:花とんぼ 会社員3年目。歌ってストレスを発散する系男子です。 アニソン大好き。ボカロもかじったレベルで好き。 学生時代、だいぶ友達と選曲がずれてました(笑)

カウンター

  • 2013年10月15日開始日:
  • 70今日の閲覧数:
  • 3257月別閲覧数:
  • 355910総閲覧数:

おすすめ

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいですか?

OKでしたらチェックを入れて送信を押してください。